スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心洗われるよね

209_20130715130137.jpg


2回目、行ってきましたよ~!!

って言いながら、もう水曜日になってしまいました。。。
月曜日にエントリできれば、タイムリーなのにねぇ。

今度はちゃんと引いて撮ることを重点にしました(笑)

しかし、あれ? 正面じゃないじゃん。
へへ、何となくこの雰囲気が気に入ったので、一番に持ってきて
しまいましたm(__)m


175.jpg

はい、やっと全開の蓮です!

蓮の花は本当に大きいのです。
花びら1枚が私の手のひらと同じ位だと思って頂くと、
何となく想像がつくかしら。
ですから引いて撮るのは意外に難しくて、わざわざ望遠で
少し遠くを狙って撮ることに・・・。


076_20130715125656.jpg

ここの古代蓮は、原始的な形態を持つ1400年~3000年前の蓮であると
言われているそうです。

以下、古代蓮の里HPより抜粋です。

 古代蓮の里にほど近い公共施設建設工事の際に偶然出土した種子が
 自然発芽し甦り、池に開花しているのが発見されました。
 地中深く眠っていた多くの蓮の実が出土し自然発芽して、一斉に
 開花した事は極めて珍しいことといわれています。


 今から約2000年前、「古代蓮の里」一帯はたくさんの水生植物が
 茂る湿地帯でした。そこには、蓮の花も咲いていました。
 そのとき咲いていた蓮の実が地中深くもぐり、再び暖かい陽射しを
 浴びるまでの長い長い眠りにつきました。

 1971年、市が新しい焼却場施設を建設するために造成工事を始めました。
 掘削によってできた場所に水がたまって池となり、地中深く眠っていた
 蓮の実が静かに目覚めたのです。

 1973年、池の水面に多くの丸い葉が浮いているのが発見されました。
 その後、葉の数も増え続け、ついに7月13日長い眠りから覚めた
 古代の蓮が可憐なピンクの花を咲かせたのです。

と、いうことです。

なんか浪漫ですよね~。

まぁ、ここから程近いところにある古墳群は、西暦500年頃に築造
されたと考えられているらしいので、確かに歴史はあるのですが、
それ以上の詳しいことは何も調べられていないのが残念。。。


126_20130717135101.jpg

最初はこんなふうにひっそりと咲いていたのかなぁ。

なぁ~んて、偶然に葉っぱさんに圧倒されて埋もれてしまった
ようなのだけど・・・(笑)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 季節の花たち   ジャンル : 写真

蓮の花

こんばんはぁ~~  昨夜は涼しかったのに一日で真夏に逆戻りですね。

蓮のお花はキレイですよねぇ~~まさに極楽浄土を連想させるお花です。

蓮は泥の中から咲きますが 泥の沼はこの世を表し
人の生きている限り、分醜い、醜悪な姿を見、聞き 生きて行く

でも その泥水を吸い糧としながら水面を目指して伸びてゆく蓮。
傷ついても、汚れても、醜さを味わっても‥1つ上を目指してこの世の毒素に染まる事なく、青空の下 美しく花を咲かせる。
むしろその泥水のお陰で花びらの中に実を持つ事。
逃げたくなるよぅな現実や信じる心をなくすような醜い経験こそが実になる。

ってな仏教の教えに基づいてて蓮の花はお寺に多いですね。

日本人は宗教心が薄いってよく言われますが 実は宗教で縛らなくてもモラルが元々あるので 縛る必要がありません。

旧約聖書を読めばわかりますが 西洋の神は神の決めた戒めを守らないと罰する神様ですが 仏教の教えは 神を崇めることではなく 自分自身の悩みや苦しみを救ってくれる宗教なんです。

悩みや苦しみから救われる道が「悟り」ですね♪

ぱぱいやさんへ

こんにちは、いらっしゃいませ。

いつもありがとうございます。

週末の夜は寒いくらいの風が通っていたのに、また暑くなって
きましたね~。

わ~、こんな良い話しを書いてくださっていたのに、放っておいて
申し訳ございません。
もっと早く表示して、みなさんに読んで頂けば良かった~!!

さすが、清楚な蓮ですね。
本当に泥水の中から、あんなに綺麗な花を咲かせて見せて
くれるのですものねぇ。
毒素になんて、全く染まっていません。
染まるどころか、浄化してくれるような気がする。

「心が洗われるよね」と言うのは、すれ違った女性の方が
同行者さんに話してた言葉なのですが、私もここに行くと
いつもそう思っていたので、タイトルに♬

ステキなコメント、ありがとうございましたm(__)m
非公開コメント

プロフィール

花浅葱

Author:花浅葱
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
フリーエリア
トリップアドバイザーさまにお勧めブログとして認定されました。 大変光栄でございます。
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。