スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅葉巡り 2日目 燃えるような教林坊

PB245558.jpg

本当に燃えているのではないかと思うほど真っ赤な紅葉に覆われて。

近江八幡市安土町に在ります、教林坊。
『侘びさびのかくれ里 石の寺 教林坊』と謳われています。
確かにかくれ里という言葉がぴったりです。

細い道路を通ってきた後に少し山を登るのですが、その上にまさか
こんな世界が広がっているとは想像もできませんでした。
今回の旅行で、一番見事な紅葉だったがこちらだと思います。

教林坊は605年に聖徳太子によって創建されたということです。
しかし、昭和50年頃から無人の寺になってしまい、各建物の傷みが酷く
軒先が落ちたり床が抜けていたり「お化け寺」とまで言われたそうです。

そして、平成7年にその教林坊を見て「これはほっとけ(仏)ない」と
当時24歳で住職に就任なさった現在の住職さんがかなりの苦労をされて
復興なさったそうなのです。

この住職さん、かなりのイケメンさんでしたよ(笑)
添乗員さん曰く、人気があってよく写真を一緒に撮って欲しいと頼まれるの
だそうですヨ。ウンウンわかる、わかる(^^♪


PB245569.jpg


こちらの住職さんがお書きになった「荒れ寺復興録」を読ませて頂いたの
ですが、お話しはなかなか興味深いです。

住職さんは近くの寺院にお生まれになりましたが、大学ではドイツ文学を
勉強し東京の証券会社に内定をもらったというお寺とは全く違う道を
進もうとなさっていたようなのです。
そこで心配になったご両親に勧められ、内定を断り仏教の道へ進むことに
なったようです。そして天台宗務庁へ就職したのですが、片手間では
復興できないと考え、退職して教林坊の復興に専念なさったのだそうです。

ですが、最初は周囲の協力も得られず資金もなく、自分で行うしかないと
思い、まずは屋根の上に登って修理を始めたそうです。
でも、一生懸命働いているとちゃんと心が伝わるのですよね。
そのうち周囲の方が協力してくれるようになって復興は一気に進んだという
ことでした。それでもやるべきことは次から次へと満載でかなりのご苦労を
なさって今に至るようです。

PB245607.jpg

教林坊の教林とは聖徳太子が林の中で教えを説かれたことに由来されて
いるそうです。
実際にこの上で説かれたという「太子の説法岩」と言われる岩がこの
大きな岩です。

凄いよね、この岩は昔と今をつないでいるんですよネ☆

PB245572.jpg

名勝に指定されたお庭は小堀遠州作と伝えられている池泉回遊式庭園です。
枯れ滝・鶴島・亀島など巨石を用いて表現された桃山時代を象徴する
庭園なのだそうです。

書院から真正面に撮ればよかったのですが、少し斜めの画になっちゃった。
真ん中より少し右に見える大きな石は何を表現していると思いますか?

右を見ている蛙さんです。面影はありますでしょ(笑)

そして左3分の2位のところに見える細長い石は、鶴を表現されているの
ですが、ちょっとわからないかなぁ。せっかくなのにごめんなさい。


PB245576.jpg

書院のお部屋から眺めるお庭。

「掛軸庭園」というのだそうで、このようにして天然掛軸でお庭を
楽しむなんて、素敵な贅沢ですね~(笑)

PB2455962.jpg

本堂前の光景です。
一面緑の世界に落ちた紅い葉のコントラストがとても綺麗でした!


PB245621.jpg

境内の裏山の方に回ってきました。
本堂を見下ろすような位置になります。

本当にどこを切り取っても綺麗なのだけど、赤と黄色も綺麗ですよネ。

PB245614.jpg

こんな色合いの木も!

近くで見ると、すんごく綺麗ですよ~。
真っ赤もいいけど、この微妙な色合いが大好きです♪


と言いながら、やっぱり最後は赤で締めます(笑)

もっと早く更新したかったのに、昼休み時間だけで少しずつ書きためて
きたら1週間も掛かってしまいました・・・。
これっぽっちのことで情けない、はぁ。。。

PB245619.jpg

ここまで読んで頂きまして、ありがとうございました。

ここは絶対にまた訪ねて行きたいところです!!

PB245603_20121206211613.jpg
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 紅葉   ジャンル : 写真

聖徳太子

こんばんはぁ~~ 久々の更新ですね。

モミジは約400種類あるそうで 最初から真っ赤なモミジもあるし 黄色く紅葉するモミジもあります。
真っ赤なモミジも 美しいですが 黄色から真っ赤に変化するモミジが私も好きです。
大峰高原の七色の大カエデが有名です。

聖徳太子は 実に謎の多い人物で 最後は自殺説が有力
奥さんも自分が死ぬ一日前に亡くなってるし 息子は蘇我氏に追い詰められて殺されてます。
かなり不幸な末路だったらしいです。
法隆寺は その怨霊を治める為に建築されたとも言われます。

お寺の和尚さんは 実に話上手ですね。
私は薬師寺の高田好胤和尚のお話を聞いた事があります。
瀬戸内寂静さんのお話も 面白くて為になります。

ぱぱいやさんへ

こんにちは、いらっしゃいませm(__)m

> こんばんはぁ~~ 久々の更新ですね。

エヘ、時間が掛かりすぎですよね。
夜、時間が取れなくて昼休みだけで書くのですが、ある程度のことは
聞いてきたので頭にあるのですが、ちゃんと書こうと思うとちゃんと
確認してからじゃないと不安で、検索してると時間が終わっちゃうのです。

> 真っ赤なモミジも 美しいですが 黄色から真っ赤に変化するモミジが私も好きです。

変わりがけの微妙なところ、綺麗ですよね。
ホント大好きです(笑)

> 大峰高原の七色の大カエデが有名です。

え~、それは凄い!
いつか行けるようにしよう!!

> 聖徳太子は 実に謎の多い人物で 最後は自殺説が有力
> 奥さんも自分が死ぬ一日前に亡くなってるし 息子は蘇我氏に追い詰められて殺されてます。
> かなり不幸な末路だったらしいです。
> 法隆寺は その怨霊を治める為に建築されたとも言われます。

へぇ、そうなのですか。知らなかったぁ。
聖徳太子の話しは読んだような気がするんだけどなぁ。。。

> お寺の和尚さんは 実に話上手ですね。

ドイツ文学を専攻なさったくらいの方ですから、文才はお有り
なのではないかと思います。
他に面白い試みもしてるんですよ!
いろんな才覚をお持ちの方のような気がします。

> 私は薬師寺の高田好胤和尚のお話を聞いた事があります。
> 瀬戸内寂静さんのお話も 面白くて為になります。

寂聴さんの話しは聞いてみたいと思っています。
前回の京都では、足を伸ばすことができませんでした。。
今度は向こうの方に、と思っているのですが・・・。

こんなことばっかりで行きたいところが満載です(笑)

コメント、ありがとうございました。

こんばんは

ご無沙汰しております。
紅葉巡り、見せていただきました。
京都の紅葉は手入れが行き届いていて
綺麗ですね。
一度は行って見たいと思うのですが・・・
こちらは、いろいろ忙しいのと
天気が悪かったので裏磐梯を一日回っただけでした。(T_T)

天空さんへ

こんにちは~いらっしゃいませヽ(^o^)丿

お返事が大変遅くなってしまい、失礼致しました。

> ご無沙汰しております。

こちらこそ、ご無沙汰しております。
先々週、不幸があってそちらの方に行ってきましたヨ。
ちょうど今年一番の冷え込みとかで前夜も雪が降ったようで、車は
断念して新幹線で行きました。
雪に埋もれた紅葉を撮ってきたので、後から載せたいと思います。

> 紅葉巡り、見せていただきました。

ありがとうございます。もうどこを焦点に何を撮ったらいいのか(^^ゞ

> 京都の紅葉は手入れが行き届いていて
> 綺麗ですね。
> 一度は行って見たいと思うのですが・・・

ぜひぜひ、奥様とお出かけ下さいませ。
天空さんなら車ですよね、自動車道も色々できているようです。
でも・・・混みますね(笑)

> こちらは、いろいろ忙しいのと
> 天気が悪かったので裏磐梯を一日回っただけでした。(T_T)

わっあとからお邪魔致します!!
磐梯の紅葉も綺麗ですよね~♪
非公開コメント

プロフィール

花浅葱

Author:花浅葱
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
フリーエリア
トリップアドバイザーさまにお勧めブログとして認定されました。 大変光栄でございます。
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。