スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピンクの世界

ツツジもここまで引っ張ってきたので、一度終わりにしようかなと
ピンクの世界でまとめてしまいました(^^ゞ

本当にピンク色が多いんですよね。
どれも違うものなので、微妙に雰囲気が違うと思いますが、こうやって
並べると、まさにピンクの世界ですよね~(笑)


ピンクは癒しの色で、興奮状態を落ち着かせ緊張をほぐし、リラックスさせる色と
して知られるそうです。
それで医療関連では淡いピンク色(ペールピンク)が内装の色として用いられたり、
看護師さんが着用する白衣も淡いピンクのものがあるのですって。(ウィキペディアより)
そういえば、見かけますわ、確かに。
そして、国旗には使用されない色なんですって。そういえば見たことないね。

508083_20110512123827.jpg


ピンクは、優しさを表す色で、気持ちを優しくしてくれる効果があるようです。
うんうん、優しくなるわ(笑)

508024.jpg



あとね、へぇ~って思ったのが、柔らかいピンク色は、女性ホルモンの分泌を
助けるため、若返りの効果があるといわれているのですって~!!
その他、老化防止にも役立っているそうですよ。
ピンクのお花を見ることは良いことなのね。

508100.jpg


ピンクを好む人は優しくて温和で気が利いて細やかな配慮のできる人が
多いのだそうです。
反面、現実性がなく計画的にものごとを進めるのは苦手で、現実逃避を
促す作用もありそうとのことです。
これは、注意せねば・・・。
ピンクが恋しい時は現実逃避したい時ってことかな。
一理あるかも。
平和主義で争いごとや競争の苦手なピンクちゃんはそういう場面に
遭遇した時は現実逃避!(笑)

508103.jpg
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 季節の花たち   ジャンル : 写真

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

プロフィール

花浅葱

Author:花浅葱
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
フリーエリア
トリップアドバイザーさまにお勧めブログとして認定されました。 大変光栄でございます。
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。