スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごめんね、お名前が・・・

オオカンザクラと同時期に綺麗なピンクの花開く桜さんもいます。
この桜の木には説明文がついていなくて、ちゃんとした名前で
呼んであげられないのですが、ピンクの花びらがとても愛らしくって、
毎年出会えるのを楽しみにしている桜の一つです♪


327--036.jpg


今年もオオカンザクラとともに、咲き誇ってます!!
毎年同じ花なのですが、全く飽きることがありません。
また今年も出会えて良かった~と嬉しさばかりです。

お花は本当に癒しですよね。
毎日の喧騒に追われ、少しささくれてしまった心も
尖ってしまった気持ちも浄化してくれる。
優しい気持ちに戻って、帰ることができます。


327-048.jpg


オマケで、この日あった嬉しい話し。

桜を鑑賞してから、いつもの美容院に行きました。
少し待ち時間があるということで、立て掛けてあったMOREを
見つけて手に取ったところ、それは最新号だったらしいのです。

そして、いつも全てお任せで担当して頂いている店長さん曰く
「その表紙を見た時、私の顔が浮かんだとのこと。
  (表紙に書いてある大きな一文字を見たのですね)
 絶対、私用だと思った」とのことでした(笑)

MOREの最新号については、ノーチェックだったので、知らずに
手に取って中を開け、飛び込んできたグラビアに「きゃあ~」って
思ったけど、表面は平静を保っていたのに、バレてました~!!

偶然、手に取ったものだけど、私が気づかなくても見せてくれる
予定だったのですね~。
いやぁ、普段からアピールしておくものですネ。
すごく混んでいたのですが、一人で独占してじっくり見せて
頂きました♪

327-041.jpg
スポンサーサイト

テーマ :    ジャンル : 写真

ちょっと早咲き

春の予感を感じさせてくれるものはまだまだありますが、やはり
桜は別格ですね。

いつもソメイヨシノより一足先に咲いてくれる桜さんの様子を見に
寄り道しましたら・・・やっぱり~。
例年より寒いとは思っても、3月ももうじき終わりなのですね。

ちょうど本日東京でソメイヨシノ開花宣言が出ていました。

327--014.jpg



オオカンザクラ(大寒桜)というお名前だそうです。
『カンヒザクラとオオシマザクラの雑種と考えられています。
 埼玉県の安行にあったことから安行寒桜とも呼ばれる。
 カンザクラよりも開花時期は遅いが、早咲きの桜で
 ソメイヨシノよりも早く開花する。花期が長く開花に
 少し遅れて葉が開いてくる』
との説明が、木に付いておりました。

そっかぁ、花期が長いんだぁ、それは嬉しい♪


327-026.jpg


穏やかそうに見えるのですが、この日はとても風が強くてずっと
風に吹かれていると手がかじかんでくるほどでした。

まだ被災地では、雪の混じる予報もあって朝晩はかなり冷えることと思います。
緊張の続く、張り詰めた生活が続いていると思いますが、桜が満開に咲く頃には
みなさんに物資が行き渡り、少しでも不自由が解消されますようお祈り申し上げます。

桜を見るとなぜか気持ちが安心します。
そして何となく勇気をもらえたような気がして、元気になります。
桜は偉大ですね。

327-013.jpg

テーマ :    ジャンル : 写真

花言葉は不滅

我が家の玄関前にも沈丁花が咲き出しました。

何だか例年より冷え込む日が多く続いているような気がしました。
地震以来、誰も暖房のスイッチに手を触れない職場も冷え込んでいます。
真冬に1、2回しか出番のなかったダウンコートは今や、陽が落ちると
毎日 出番です。大判のブランケットとしょうが湯も必須アイテムに
なっているのですが、春は少しずつやってきてますよね。

320046-1.jpg



強い芳香を漂わせる沈丁花。
夜遅い帰宅時に、どこからともなく香ってくる匂いを感じると、思わず
辺りをきょろきょろと探してしまいます。
しばし、匂いと戯れたりして・・・。

320042.jpg


沈丁花の花言葉は不滅。

沈丁花には『栄光・不死・不滅・永遠・優しさ・おとなしさ』などの花言葉が
あるようですが、今は『不滅』を信じたい。

春を告げる花と言われている沈丁花。
どうか被災地にも変わらないその姿を見せてあげてください。
「そばで一緒に生きているよ」って。


320039_20110323000510.jpg

テーマ : 季節の花たち   ジャンル : 写真

高層階の地震

今回の東日本大震災の被害は本当に想像を絶する被害です。
困難を極めている被災地からすると、生活できる場所があることだけで幸せだと思います。

ただ、高層階の揺れと、揺れの向き(東西か南北か)で、こんな被害になってしまうのかと
信じられない光景なので記録しておきたいと思います。

いつも、発表される地域の震度より1度か2度は絶対プラスだわと思う揺れを感じる11階の
我が家でしたが、今回はさすがにまざまざとそれを見せつけられました。
しかも今回の揺れは、南向きの建物に対して東西揺れだったため、かなり揺すられることに
なったのではないかと思われます。

玄関脇の壁の隣にあった電気温水器。
ちゃんと床に止められていたはずなのに、かなり左右に揺れて壁までぶつかったらしく壁が
壊れています。
通常、温水器は500キロぐらいの重量と思うのですが、動くなんて・・・。
311-005.jpg

逆側は温水器への排水管がボッキリ! こちらも壁に穴が開いてます。
そうだよね、壁にぶつかるくらい動いたら、配管もズレちゃうよね。
いや、そんなことは言ってられない。
温水器がやられてしまうと、高層階は水害を及ぼす可能性もあるのでうかうかできないのです。
今回は早めに家に戻れる人がいて、水を止めることができたのでほっと一安心でした。

311-044.jpg


そして、リビングの照明がみごとに落ちていました。
311-026.jpg

かなり重い物だったので、もっと軽い物にしておけばよかった。
同じ階のお宅でも、やはりシャンデリアが落ちていて、揺れの凄さを知りました。
311-025.jpg

子供の部屋の家具という家具は倒れていました。
マンションは壁に梁が出ているので、その下にすっぽり家具を入れたら、
上下運動ができなくて大丈夫だろうと楽観視していたのが良くないね。

揺れることにより家具が壁からズレて梁から外れ、縦横無尽に動いてしまったようです。
311-015.jpg

ベッドとクローゼットの間にすっぽりと倒れた飾り棚。
311-007.jpg

食品ストッカーの扉が、手前に倒れかかっています!!
結構、重い扉で本体と蝶番で繋がっており、中央は磁石で閉まっているはずでしたが、
蝶番を壊してまで手前に倒れている・・・。
この光景にはちょっとショックでした。
311-035.jpg

食器棚は低くてどっしりている上に、揺れの方向が食器棚に対して左右の揺れだった
ようで倒れていませんでしたが扉をちゃんと閉めていなかったらしく、食器は殆ど
飛び出していました。半分以上割れちゃってました。

でも、一番上の段に置いていたノリタケのコーヒーカップは6客全て無事で、びっくり!! 
すご~いって感心しちゃいました。
311-038.jpg

こんな状態になるなんて、逆に皆不在で良かったと思いました。
でも、同じ階ではお一人でおうちにいらした方がいるのですが
「歩けなくて逃げられなかった。本当に怖かった 」と話されていました。
本当にどんなにか、怖かったことでしょう。
物が飛ぶということを目の当たりにしたのだそうです。

家の中を片付けながら、あそこに置いてあった物が、なぜこんなところに?と思うことが
何度もあり、まさに物が飛んだのだろうと思い知らされました。
子供の部屋の壁と向い合せにあるはずのふすまに穴が開いていてそばに倒れている家具を
見ても、ここまで飛んでくるなんて・・・と本当にびっくりしながら、恐ろしさも実感しました。

こんな中、一人留守番の猫ちゃんはどこに? 無事なの?

最初に家の様子を見に戻った主人から、家の様子を聞いた後に猫がどこにもいないと
言われた時には、まさか家具の下敷きになっているのでは、と胸がつぶれる思いでした。
次に家に戻った息子が自分の部屋の窓際で少しだけ家具の下になって固まっている猫を発見!!
固まったまま鳴くことさえせず、失禁していたと・・・。
どんなにか怖かったことでしょう。
暗くなる前に見つけられて本当に良かった、停電のあの日。

今回の我が家の被害は、安穏と暮らし過ぎて耐震準備をしていなかった部分がかなり
大きいので反省です。
それにしても電気温水器のことは思いもしませんでした。
そして食品ストッカーの扉。冷蔵庫も倒れていたという・・・。
冷蔵庫って止められるのかなぁ?
普段からの予防にも限界はありますが、なるべく気をつけていきたいと思いました。

翌日から片づけを開始したのですが、長女長男は帰宅難民となり夕方まで帰ってくることが
できず、主人も仕事を外せずに二男と私だけの作業となりました。
どこから手をつけて良いかわからない状態の中、サクサクと作業を開始していく二男に
いつの間にこんなに頼りがいのある子になったのだろうとちょっと感激したり、日曜には
黙々と手際良く分担して作業する子供達に、頼もしさを感じました。

テーマ : 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~   ジャンル : その他

東日本大震災

東北地方太平洋沖地震により、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。
そして被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

被災された方の中には、気仙沼市に住む友達もいました。
地震直後に友達に送ったメールの返信が、奇跡的に10分も経たないうちに返ってきて、
「家の中はめちゃめちゃだけど、大丈夫!」とのことで安堵しました。
でも、実際の被害はその後だったのですね、想像できないこと。
そんなこととは知らずに、自分の家族の安否確認に集中していました。
同じ県内にいるのに、こちらの方がなかなか連絡が取れなくて・・・。

そして、夜のニュースで見た街一帯の火災の映像が気仙沼市だということに驚愕して、
すぐに送ったメールの返信は3日経っても音沙汰なく、火曜日の朝に携帯に伝言が
入っていたのを聞いた時は泣けてきた。
「家は無くなったけど、私達は無事だから大丈夫だからね!」という伝言。
すぐには言葉がでなかったです。

家が無くなるというのはどんな気持ちなのだろう。どんな想いなのだろう。
いや、きっと想いかえす余裕もないかも知れないね。
何とか家族と今を生きることを考えるだけで精いっぱいかも。
でも私は、あなた達が無事でいてくれただけで、本当に良かったと思ってます。
駆けつけることはできないけれど、これから新しい生活を始めるためのお手伝いは、
できるだけするから!
個人宛の宅配便はまだ受け付けてもらえないので、何とも歯がゆいです。

救援物資はたくさん提供されているのに、なかなか現地に届かないというお話しや
届けられても手が足りなくて、配布できないという話しをニュースで聞くたび
手が出せない私達は歯がゆいですね。
一刻も早く必要としている方のところに必要なものが届きますように!!

テーマ : 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~   ジャンル : その他

プロフィール

花浅葱

Author:花浅葱
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
フリーエリア
トリップアドバイザーさまにお勧めブログとして認定されました。 大変光栄でございます。
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。