スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新春の沖縄

506.jpg

新年おめでとうございます。
昨年は年末に完全停止してしまいましたが、今年は何とか
止めずに進んでいきたいと思っております。

どうぞ、今年もよろしくお願い致します。

今年、初めて年始旅行に行ってきました。
今まで、帰省はありましたが、完全なる観光旅行というのは初めて♪
しかも行った先が沖縄だったので、元旦とか二日とかいう意識は
全くなくて、カレンダーなど見ることなく過ごしてきました。

一応、「家にいる時は主婦」にとっては、楽しい楽しい時間(笑)

でも一番は家族全員揃っての4日間の旅行だったこと。
思えば子供が中学~高校くらいの時にはもう、誰かしらが不参加に
なっていました。特に息子達は友達との交流を選びますものネ。

ですので、家族全員が揃うなんて十年以上ぶりなのでは。。。

242.jpg

絶対一度は行って見たかった美ら海水族館。
大きな大きな人ジンベエザメさんも堪能しました。

204_20140106122206397.jpg

海の上をずっと走って、古宇利島へ。
1枚目の海岸なのですが、本当に砂浜が綺麗でした。

気温も21度だったので、気分はサマー(^o^)/

665.jpg

そして、ハイビスカスだよね♪
やっぱり、ブーゲンビリアとハイビスカスはたくさん
咲いておりました。

それなのに、今回お花の写真はこのくらいですが・・へへ。

こんな感じですが、よろしければまたいらしてくださいませ。
スポンサーサイト

テーマ : 旅の写真   ジャンル : 写真

海遊館

先週末に友達が以前から「行きたい!」と切に願っていたUSJへの旅行を
企画し、行ってきました♪
大震災以来、「生きてる間に楽しまなくちゃ」という言葉が口癖になった
まるごと家を無くした友達の言葉は説得力があります!
生活の支援の方はもう要らないようなので、これからは夢をひとつずつ
叶えるべく協力です♪

USJの駅に降り立った時は、「見て!トリハダが・・!」と言うほど
感動してくれて、私も大満足。
しかし、2Dのチケを購入しようと思ったら、あと2時間弱ズラせば
1、5Dチケで良いと言われ、先に海遊館に行ってみました!

こちらは、どちらかと言うと水族館大好きな私の希望です(笑)

でも水族館かと思ったら、動物も居たのですよね。
カピバラちゃんも居たのには、びっくり!!

609015.jpg

まずは、カワウソちゃん。

私、こんなにちゃんとカワウソを見たのって初めて♪
いや、遠かったのでズームにしたのですが、他の動物園に居たかなぁ?

こんな可愛い顔してるんですね!
行動はとっても素早くて追いかけられないの。
他の子はすごく動き回ってたけど、この子だけぐっすりと昼寝中でした♪



609024.jpg

ラッコちゃん♪
こんなに頭にぽわぽわの白い毛ってあったっけ?
この子もお昼寝中だったのだけど、時々目を開けて鼻の前で組んでる
お手てをもにゅもにゅ動かす、その様が可愛くて可愛くて見ている
こちらがとろけそうでした(笑)
ずっと見て居たかったけど、一人で場所を占領しているわけにいかず
次へ・・・。


609044.jpg

今回、旅行用にとコンパクトなコンデジを買ったのですが、やはり使い慣れて
ないものだから、思ったように撮れませんでした。。。
重くてもいつものカメラを持って行けば良かったかなと少し後悔です。

この画も少しボケてるのかも知れませんが、これくらいは許してネ!
あまり主役のいない風景ですが、こういうブルーの空間が大好きです。
とっても落ち着くんですよね~!

「やっぱり私、ブルーの空間が好きだ~」とここの前で実感とともに言葉にしたら
友達も「私も!」と共感してくれて、新たな一面を発見♪
また共通点ができて嬉しい♪ これで他の水族館も付き合ってくれそうだわ(笑)

テーマ : ある日の風景や景色   ジャンル : 写真

ぶんぶく茶がまの寺 茂林寺

マイガーデンのバラが次々に開花してるので、バラシーズンに入る前に
これだけ紹介しちゃいます♪

毎年、ツツジを見に行く「つつじが岡公園」がある館林市にはもうひとつ紹介
したい場所があるのですよ。
分福茶釜の寺「茂林寺」。あの「ぶんぶくちゃがま」のお話しの元となったお寺です!

初めて訪れた時は、びっくりでした!!
ただのおはなしだと思っていましたが、実在のお寺に寺伝があったなんて!!

513097.jpg513094.jpg

その茶がまにもびっくりですが、その本堂に向かう参道にずらっと
並ぶ狸像さん♪
数えてこなかったのですが、HPによると21体だそうです。

何とも味のある狸さん達で妙に惹かれますね~。

51311089_20120518200657.jpg


 久々に寄ったら、まぁなんてカラフルに
 お色直しされていて、可愛い♪

 
 風情ある狸像さんを紹介しながら、分福茶釜と
 茂林寺についての寺伝を紹介します。


513087_20120518195425.jpg


 『以下は、曹洞宗茂林寺のHPより抜粋させて頂きました』
 
 当山は分福茶釜の寺として知られております。
 寺伝によると、伊香保から館林に来た守鶴は代々の住職に
 仕えました。
 1570年に茂林寺で千人法会が催された際、大勢の来客を
 賄う湯釜が必要となりました。
 
  その時、守鶴は一夜のうちにどこからか一つの茶釜を
 持ってきて、茶堂に備えました。
 

513095_20120518195423.jpg

   ところが、この茶釜は不思議なことにいくら湯を汲んでも
   尽きることがありませんでした。守鶴は自らこの茶釜を、
   福を分け与える「紫金銅分福茶釜」と名付けました。


   その後守鶴は熟睡している時、手足に毛が生え尾が付いた
   狢(狸の説もある)の正体を現わしてしまいます。


   
513088_20120518195424.jpg


 これ以上当寺にはいられないと悟った守鶴は名残を
 惜しみ、人々に源平屋島の合戦と釈迦の説法の二場面を
 再現して見せます。


 そして、人々が感涙にむせぶ中、守鶴は狢の姿となり
 飛び去りました。


513090_20120518195424.jpg


   後にこの寺伝は、明治・大正期の作家巌谷小波氏に
   よってお伽噺「文福茶釜」として出版され、
   茶釜から顔や手足を出して綱渡りする狸の姿が、
   広く世に知られる事になりました。

   と、いうことで、紫紺銅の分福茶釜が展示されています。


513096.jpg


  いかがですか?
 
  すごいお話ですよね。
  何だか夢の中へ迷い込んだみたいな♪
  
  狸像と良い、何とも風情があってユニークでしょう。


513082_20120518195425.jpg


  狸像さんの紹介はこの辺で
  失礼させて頂きます。

  全部は紹介できなくてごめんなさい。




こちらの可愛い狸さん達は、つつじが岡公園にいらっしゃる狸さんです!
市内では、あちこちに狸さんがいらっしゃるのですヨ♪

036_20120515124551.jpg

テーマ : 史跡・神社・仏閣   ジャンル : 写真

MOA美術館

MOA美術館。
ネットで見かけて、ぜひ行って見たいと思っていました。

今回、土曜日は天候があまり良くなかったので、梅はあきらめて
この美術館を堪能しようと思っていました。
しかし・・・思ったより天候は回復し、つい、梅で予定以上の時間を
費やしてしまったため、大急ぎの館内めぐりとなってしまいました(>_<)

スタートはステキな入り口から♪
この時は、まだ多少余裕でワクワクしながら入館いたしました!
0225065.jpg


夢の世界へ連れて行ってくれそうなエスカレーター!
これに乗って見たかったのぉ!!

入口からもっと高い場所にある美術館本館までのトンネル式の通路は、
両サイドに1基ずつで計14基のエスカレーターが設備されているそうです。
そしてその中央には階段を設けられていますが、いやぁ階段はかなりだわ。

1基目
0225066.jpg


1基だけかと思ってたら、踊場を挟んで連続で3基続いてます♪
天井のライトの色が変わるので、とても幻想的!!

2基目
0225068.jpg


3基乗り終えた中間地点に円形ホールがあります。
その円形ホールに立って、今乗ってきたエスカレーターを見ると
こんな感じ!!
何だか宇宙船の中みたいな雰囲気でしょう(笑)

0225074.jpg


そして中間地点の円形ホール。

天井が高いしぐるぐるなので、この下に立って上を見上げていると、
圧倒的なスケール感があって、足元が自然に浮いていくような感覚に
見舞われてしまいます。不思議な感覚。

0225073.jpg


円形ホールは光と音の芸術演出の場ともなるよう種々の設備が施されて
いるそうです。
MOA美術館公式HPより
 『壁はイタリア産(一部ポルトガル産)、床は、イタリア、ポルトガル、
  インド、イラン、キューバ、ギリシアの6か国から集めた10種類の
  大理石を使用しています。また大理石の中の随所に見られる化石には
  長い歴史が刻まれています。』

実はここではそんなに一つ一つじっくり見てませんでした・・・ごめんなさい。

0225071.jpg


この後、更にエスカレーターで本館に向かう選択と、外の広場に出て
そのまま外の階段で向かう選択があり、迷わず外に出たのですが
階段の前で少し後悔した・・・(笑)

でも、ムア広場と言われる広場から見る景観は素晴らしかったです♪
すぐ下に桜の木があったので、そのシーズンは桜のバックに地平線が
見えてステキだろうなぁ。

ムア広場の『王と王妃』像 ヘンリー・ムア作
 (ヘンリー・ムーアとも呼ばれますが、MOA美術館はムアで徹してました)

0225075.jpg


『王と王妃』像の後ろに見えている階段を上って行くと、右手にやっと
本館の入り口が見えました~!!

そう、像の後ろに見えている建物自体がもう本館だったのだけどね(笑)
0225077.jpg


MOA美術館だよ~って記念にネ♪

だって少しだけハァハァして上がったんだもん。
エスカレーターからは見えない外の入り口なのでした。
0225080.jpg


本館に入って、順路1の「能楽堂」

一言、きれい~!

能楽堂ってこんなに綺麗なの?って見惚れてしまいました。

0225083.jpg


左手から、するすると出ていらっしゃるのですよねぇ。
一度でいいから、ここで能を見てみたいって思いました!

冷暖房、床下パネルヒーティングなどの設備の他、3カ国語同時通訳設備、
映写施設なども装備されているのだそうです。

0225084.jpg

順路2は「黄金の茶室」

太閤の黄金の茶室を復元したものだそうです。
やっぱり黄金の茶室と言ったら、秀吉なのですねぇ。
豊臣秀吉が京都御所に運んだ組立式の黄金の座敷をその当時の諸記録に
基づいて忠実な復元したものなのだそうです。

0225086.jpg


そしてメインロビーからの相模灘一望の景観。
晴れていたら、さぞや綺麗だったことでしょう・・・少々残念。

右下の方に、先ほどのムア広場と「王と王妃」像が見えてますネ。

0225088.jpg


ここから先は展示室なので写真はないのですが、これだけは撮って
いいよというレプリカです。
「国宝紅白梅図屏風」の科学調査の結果に基づくCGによって復元させた
紅白梅図屏風の実物大のレプリカだそうです。

0225254.jpg

この他にも見応えのある屏風がたくさんありましたし、日本絵画って
あまり見たことがなかったので、とても興味深く見させて頂きました。

尾形光琳さんや、酒井抱一さんの作品が印象深かったです。
あと、花見鷹狩図屏風が間近にじっくり見れたのは嬉しかったわ。

でも実はここで時間切れ!!
茶苑にも行きたかったし、ミュージアムショップで買い物もしたかったし、
茶の庭や光琳屋敷など、まだまだ行けてないところがたくさんあるまま
閉館時間となってしまいました・・・(>_<)

あ~時間配分を間違えたかなぁ。
と、言うより、この美術館を堪能するには1日必要だと思います。
今度は丸1日という時間を持って、出かけて行きたいと思いました♪


やっと、仕上げることができた~長くなってしまいました。
ここまでおつきあいありがとうございましたm(__)m

テーマ : 歴史・文化にふれる旅   ジャンル : 旅行

もう雪なんですよね

今はここも、きっと雪なんですよね。

つい1ヶ月くらい前に、ここを訪れたなんて夢のようです。
今年最後のあたたかい時期に偶然出かけることが
できたようで、ラッキーでした。

のどかな丘もすっかり雪化粧をしているのでしょうか。
また行きたいな・・・。

2008-10-17 053-30

それにしても、今年はやけに冷えると思うのは気のせいでしょうか。。。
プロフィール

花浅葱

Author:花浅葱
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
フリーエリア
トリップアドバイザーさまにお勧めブログとして認定されました。 大変光栄でございます。
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。