スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポピー畑 花菱草 

052_20130531211706.jpg

すっごい綺麗な花の形をしていたので、上から撮ってみました。

花菱草。
別名、カリフォルニアポピーだそうです!

ホント、とても鮮やかなオレンジに近い濃い黄色で陽の光が
当たるとまばゆいばかりです。

ピンクなどの普通のポピーより背が低くくて、お花も小さくて、
控えめそうなのだけど、存在感はありますネ☆


073_20130531211746.jpg

まぶしい初夏って感じでしょうか。

すみません、特に何も言うことはありません。
何となく好きな雰囲気だったので載せてみました(笑)

079_20130603131608.jpg

こんなお花もありました。
これも花菱草?だよね・・・。

よくぞ見つけました(笑)
ちょっとスクエアっぽくて、おもしろいなぁと思って。


070_20130531211721.jpg

そして、こちらは同じ色のようだけど、花びら数が多くて
八重なのかしら?

私の好きなバラ咲きに似てて、嬉しくてパシャっと♪

み~んな低いところにひっそりと咲いているので、撮るのに
大変なんだけどね~。


今回は、今まで見かけなかった色や形とたくさん出会えて
充実してました~!

八重のポピーも初めて見かけたのがたくさんあって、撮って
きたので、また載せていきます。
宜しかったら、またいらしてくださいませ☆
スポンサーサイト

テーマ : 季節の花たち   ジャンル : 写真

ポピー畑 その2

119_20130527131412.jpg

綺麗に整ったポピー。
しべも綺麗な黄色で、花びらも綺麗!

これが結構、一般的なポピーかしら。

でも最近は、くしゃくしゃ花びらのポピーの方がよく見るように
なってきたのですよねぇ。
こう見ると、このお花もシンプルでステキです。


124_20130527131419.jpg

一方、この子達は、くしゃくしゃの代表格ですネ。
しわしわの上にピンク色もみぞれ状で、忙しいね(笑)
でも、一際目を惹きましたヨ!



そうそう、くしゃくしゃちゃんの脱皮(言わないかな?)の
流れがわかるようなお花がちょうど近くに集まっていたので
おもしろいから撮ってきました~!!


183_20130529133624.jpg


まずは、固い蕾からもうじき脱皮しそうに変わってきた感じ。
ほのかに中の花びらの色がわかるような・・・。


057_20130529133632.jpg


やっと半分、花びらが見えてきたヨ。
もう少しだ、ガンバレ!!

(この子はこれから続くピンクとは違って真っ赤な花びらの子だと
 思うのだけど、ピンクでこの状態の子が見つからなかったの。
 姿態は同じだと思うのでご了承を♪)


035_20130527131227.jpg


スムーズに脱皮できず、帽子を被ってる!?
この子はこの子で愛おしいよネ(笑)


039_20130527131240.jpg

この子はやっと全部抜け出せたばかりで、まだ伸びもして
いないところかな。


どうしても私には、セミや蝶がさなぎから出てくるところと
同じイメージに見えてしまうのです。
セミや蝶もゆっくりと時間を掛けてさなぎから出てくる。
出てきたばかりの時は羽もくしゃくしゃなのだけど、外気を
味わうかのようにゆっくり羽を広げて神秘の誕生の完成。

この子もまだ、羽を広げる前なのかなぁと思ってしまう。

042_20130527131254.jpg

そして、完成~!!

伸びやかにその綺麗な姿を現す。
綺麗ね~(^^♪


この後、続けようと思えば花びらが落ちた後もあるけど・・・
やっぱりここで止めましょう(笑)
綺麗な記憶のままで・・・。




【拍手コメさんへ】

 いつもありがとうございます。
 おっしゃるように、結構、探した末のお花ちゃん達です(笑)
 たっくさんのお花があって、どこを切り取っていいか
 迷ってしまうので、かなりいろんな顔を見ていると
 おもしろいところやステキなところの発見となるのですよネ。
 そこを見つけた時は、撮るなら、ここでしょ!ってネヽ(^o^)丿

テーマ : 季節の花たち   ジャンル : 写真

ポピー畑 その1

193_20130527131603.jpg

先週末はポピー畑の様子を見に行って来ました!

ここはいつも、コスモス畑を見に来ていたところなのですよ~!!
昨年より、この時期にはポピー畑も作ってくれるようになったので
すごく楽しみにしていました。

ここより川下の会場で、かなり以前よりとてもとても広いポピー畑が
作られていて、そちらに出かけていたのですが、そこは駐車数も少ないし
整備もされていないので、駐車の苦手な私にとってはちょっと不便
だったのでした。。。

でも、川上にあたるこちらの会場は、駐車台数もとても多いし、
きちんと整備されているので、私にとっては大助かりなの(笑)

この週末に川下の会場でポピーまつりが予定されていたので、たぶん
それに合わせてるから、今が見頃だろうなぁと出かけてみたらやっぱり、
いい感じ~ヽ(^o^)丿 
9、5分咲きってところかな(笑)

164_20130527131526.jpg

ポピーは、おもしろい光景があちこちで見られました。

こちらは、ピンクの園に濃い赤が堂々と存在感を示してる!!
さすがに赤は目立ちますね~(笑)


168.jpg

こちらは逆に濃いピンクの中に、白いポピーちゃん。

ポピーって一口に言っても、種類があるのですよね。
 アイスランドポピー
 オリエンタルポピー
 シャーレーポピー
でも、どれがどれって区別ができない。よくわからないの(>_<)

シャーレーポピーの説明の中に、
 「花びらは紙を揉んだような皺がある」と書かれているのですが
他のポピーの写真にも似たような花びらが写っていまして、やはり
素人には区別できない・・・。

ですので、全部ひっくるめてポピーと呼ばせていただいてます。
あしからず☆

110_20130527131329.jpg

ポピーには、毒々しいのも多くて避けてしまうのもあるのですが、
この子は何とも可愛かった!
ちょっとくしゃくしゃしてる花びらも好きです!


いろんな子がいて載せきれないので、今日はここまでにしちゃいます。
明日も続きますので、よろしくですm(__)m

テーマ : 季節の花たち   ジャンル : 写真

久々のポピーまつり♪

527025.jpg

連投の赤々でごめんんさい。
本当は白い芍薬でも挟みたかったのだけど、旬を早く見せたくて(笑)
バラも芍薬も溜まっているのですけどねぇ・・・。

と、いうことで、日曜日に久々のポピーまつりを覗きに行ってきました!
ここは、いつもはコスモスを観賞しているところなのです♪
そして、例年ポピーまつりは別の場所で開催されているのだけど、そこの河原は
駐車場が整備されておらず、道も不明確で一人ではなかなか行けなかったのです。

でもでも今年は、こちらにもポピーを広げたということを聞いたので、どの位の
規模で広げられているのか正直あまり期待せずに出かけました。
ところがなんと! 期待以上の広さの見事なポピー畑でした~♪

527070.jpg

この一面のポピー群生には、とにかくいろんな色のポピーちゃんが混在してるのです。
その中に珍しい色のポピーを見つけた時は、スッゴク嬉し~い。

中でも、このオレンジ色のポピーは初めて見た気がします!!
スゴク綺麗ですねぇ。。。

上から覗くとこんな感じ♪

527064.jpg


そして、この霜降りピンクちゃんもあまり見かけませんよねぇ。
しかも、花の形がチューリップみたいで可愛かったの!!

527085.jpg


そして、真っ赤なポピーはやっぱり目立ちますねぇ。
こんなたくさんの中でも、綺麗な形の花びらを探すのは意外と
困難なのですよ~(笑)

しかもね、気に入った花びらが見つかってカメラを向けると
どういうわけかどこからか風が吹いてきてお花を揺らすの!
ホントに不思議なのだけど、タイミングがぴったりなのですヨ。
そんなことってないですか? 私の時だけかしら・・・。

055_20120529175352.jpg

テーマ : 季節の花たち   ジャンル : 写真

ポピーと豊穣の女神デメテル

ちょうど長雨に入る前に、今年も間に合ってポピーに会ってきました(笑)
広~くて見事なポピー畑には行けなかったけど、でもポピーに会えたたから、
良かった~。1年に1度会えるものには会わないと落ち着かない・・・(^^♪

522022.jpg


ポピーって一口にいうけど、ずいぶん広い範囲の括りのようです。
いわゆるヒナゲシも、芥子もその中に入るようで、芥子とポピーは一緒みたいなのです。
そして、芥子はギリシャ神話と関係あることがわかりました。
調べて見ると、ギリシャ神話っておもしろいんです。
いろいろお花がまつわったお話しもあるのですね~。
「ギリシャ神話とお花物語」なんて本があったら、絶対買うわ!!

522019.jpg


豊穣の女神デメテルには最高神ゼウスとの間にもうけたベルセポネという娘がいました。
このベルセポネに冥界の王ハデスが恋をしました。何度か結婚を申し込んだのですが
娘を溺愛するデメテルが許してくれないので、ある日ゼウスの承認にもとベルセポネを
略奪してしまいます。
娘が居なくなったことを知ったデメテルは食事もとらず一睡もせず探し回ります。
穀物の女神が悲しみのあまり仕事を放棄したため、大地は荒れ果て作物がとれなくなりました。
その様子を見た眠りの神ヒュプノスはデメテルを心配して芥子の実を与えました。
その実を口にしてデメテルは深い眠りにつくことができ、元気を取り戻しました。

と、いう芥子とデメテルのお話しです。
そして、麦の穂と芥子の花が豊穣の女神デメテルの象徴ということです。
芥子の花はこれでおしまいなのですが、お話しとしては完結してませんよね。
続きを聞きたい・・・よね(笑)

娘の身に何が起きたのか全てを知ったデメテルは、今度は憤怒のあまり仕事を完全に
放棄しました。世界は大飢饉に見まわれてしまいます。
事の重大さに気付いたゼウスは、ハデスにベルセポネを地上に戻すように命令します。
ですが、ハデスの策略でベルセポネは冥府の石榴を口にしてしまいます。そのため
地上に戻ることはできなくなり、デメテルの怒りは収まりません。
そこで、ゼウスが妥協案を示しました。(自分のせいなのに・・・)
1年のうち、3分の1は冥界で暮らし、3分の2をデメテルの所へ帰るということです。
そこで、娘がいる1年の3分の2をデメテルは仕事に励むので、地上には花が咲き誇り、
穀物が実りますが、娘が冥界に帰る3分の1は、地上に冬が訪れ花も草木も枯れてしまうのでした。

と、いうお話しでした。
ただこのお話しの詳細は書かれた本によって本当にバラバラで、困ってしまいました(>_<)
ですので、違っている部分もあるかと思いましが、ご了承くださいませ。

522036.jpg

テーマ : 季節の花たち   ジャンル : 写真

プロフィール

花浅葱

Author:花浅葱
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
フリーエリア
トリップアドバイザーさまにお勧めブログとして認定されました。 大変光栄でございます。
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。