スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すすき草原のすすき達

003_20121015131813.jpg


春は伊豆が恋しくなり、秋は箱根が恋しくなる私です(笑)

主人のバースデープレゼントも兼ねて箱根を旅してきました。
(本当は自分が行きたかっただけだけど、一緒にしちゃえば
 あとプレゼントは要らないもんね!)

すすきはまだ早いのでは~という情報も少し聞いた気がするけど
あそこまで行ったらやっぱり寄りたくなるよね、千石原のすすき高原!

行ってみたらば、ちょうど良い見頃だったのではないでしょうか。
観光客の方もたっくさんいらっしゃいました♪


007_20121015124803.jpg

ナマのすすきは陽に照らされると本当に綺麗なのですよ。
ほんの少しでも伝えることができるといいのですが・・・。

関東一の規模を誇ると言われるらしいすすき高原なのですが、
気がついたら全体画像がないという・・・ごめんなさいませ(^^ゞ



1013-035.jpg

このすすきさん、何かに似てるような・・・。
何かを連想させるのですけど、私が言うとそれにしか
見えなくなると思うので、黙ってることにします(^_-)-☆
皆さまそれぞれに見えるもので、楽しんでくださいませ♪
私はもう、あれにしか見えなくなりました(笑)


022_20121015132342.jpg

すすきの草原は、麓から山の方まで1本の真っ直ぐな道が
草原を2分してず~っと続いており、みんなでその一本道を
登って行くのですが、後ろから聞こえてきたお話しが!
 
 女性「写真撮らないの?」
 男性「何だか近所の裏山を見てるようで、特に珍しくもないし」
 女性「でも、こんなに一面に生えてるなんてないでしょ」

私も『そうだ!そうだ!こんな見事な一面は別物だよ~』って
心の中で思いました(笑)
スポンサーサイト

テーマ : 季節の花たち   ジャンル : 写真

箱根に思いを馳せて~その2~

引き続き、箱根に思いを馳せて今まで訪ねてきた場所を少しだけ
並べてみようと思いました。


『ガラスの森』(仙石原)

星の王子さまミュージアムと同じ仙石原にありまして、日本初の
ヴェネチアン・グラス専門の美術館です。

敷地の中央にある池です。奥に見える建物がヴェネチアン・グラスの美術館です。
池の中央に展示されている「バラッツォ・ドゥカーレ・シャンデリア」
アメリカ現代ガラス作家デイルさんの作品だそうです。

ガラスの森


リヴィオ・セグーゾ庭園の奥にあるガラスの噴水ですが、ホントに近くに
行くまでは、普通にお水の噴水だと思っていました。かなりの背の高さです。

ガラスの森2


ガラスの森で一番人気のマガモちゃんだそうです。そんなことは知らずに偶然、
記念撮影してました! とてもほのぼのカモさん達だったから。

ガラスの森7

実はアジサイを追いかけて、ガラスの森まで辿りついたのです。
アジサイばかり写していて建物を写していない・・・。

ガラスの森8


『箱根関所』(箱根)

関所のHPに「時空を超えてよみがえった箱根関所」と表示が!かっこいい~。
私が行ったのは、よみがえり途中の時期でした。
2007年に完全復元が完成したようです。完全復元を見てみたい。

中は当時を思わせるものが多分にあります。お風呂や台所や居間などや
取調べをしている部屋も。ただ箱根関所はかなり厳しい関所だったようです。
特に江戸から関西方面へ向かう女性(出女)は、女通行手形を必ず所持し
記載されている特徴と持参した女性の特徴が一致しなければ通れないという
かなり厳しい取り調べだったようです。悲しい話しも残っていました。

下の写真は遠見番所という二名の足軽さんが昼夜を問わず交代で四方を見張って
いた建物のある高台から見下ろした関所の全貌です。ここまで登ってくると
本当によく見渡せますが、階段がとても急でかなりきついの(笑)

関所

上の写真の右上に見えるお茶屋さんをアップにして見ました。
綺麗な海を見ながら食べるお団子は格別ね!

茶屋


『県立恩腸箱根公園』(元箱根)

「塔ヶ島」と呼ばれ芦ノ湖に突出した半島の形をしています。箱根離宮の跡地で、
以前は皇族の方の避暑と外国からの賓客を招くための離宮が造られていたそう
ですが、関東大震災と北伊豆地震で離宮は倒壊してしまったのだそうです。

現在は、公園のほぼ中央に旧離宮本館の礎石が残されていてその正面に旧離宮の
西洋館をモチーフにした「湖畔展望館」が建てられています。
とても素敵なのですよ!写真がないのですが・・。
展望館の二階(休憩室)の窓から見た芦ノ湖の風景です。絶景です。
こんな風景を毎日見ながら暮らせるなんて・・・ね。
額縁のように見えるのは窓枠なんですよ!
ちょうど生きている絵みたいですよね。

恩腸公園2

以上、全て4、5年前のことなので現在は変わっているかも知れません。
再度、全てを巡ってみたいなぁ。

テーマ : 伊豆・箱根・富士五湖   ジャンル : 旅行

箱根に思いを馳せて~その1~

最近箱根に行ったわけではないのですが、箱根への思いを馳せて古い
写真を紐解いて載せてみました。


『サン=テグジュペリ星の王子さまミュージアム』(仙石原)

「星の王子さま」という名前だけで、行き先決定~で訪ねてみました。
そしたらナントここは世界ではじめての星の王子さまミュージアム」だそうで。
なんて光栄なこと。ここを選択して良かったね・・・と感激しながら館内へ。

展示ホールは作者サン=テグジュペリさんの生涯を辿る形で紹介されています。
その過程のなかで、星の王子さまが出来上がっていく様もわかります。
かなり波乱万丈の人生だったようで、ちょっとびっくりしました。こんな方が
書いていらしたんだなぁって,感慨深いものが・・。サン=テグジュペリさんの
ことを書き出すと長くなるのでこの辺で・・・。

メインゲートを入ると、パリの町並みなどを再現しているという建物が
連なっていて、とても素敵な雰囲気でしたよ。ある種の異空間ね。

とても素敵な建物ね~って思うでしょう。なんと「ウワバミの小径」の前にある
化粧室なのです!

星1


サン=テグジュペリが幼少時代を過ごしたサン=モーリス・ド・レマンス城の
前に広がるフランス庭園「パルク デュ・プチ・フランス」だそうです。
本当にパリにいる気分になれますよ~。

星2

ただ、今はリニューアルされているそうなので、随所に違いがあると
思われます。



『すすき野原』(仙石原)

仙石原から芦ノ湖の湖畔である湖尻方面に向かう県道の途中にすすき野原が
あります。
芦ノ湖に向かうためバスに乗っていたら、一面すすきの原が見えて慌てて
次の停留所で降りたの。「仙石高原」という停留所はまさしく高原の麓で、
そこからず~っと1本道を登ります。

両脇のすすきに埋もれている蛇みたいですが、これが1本道でずっと連なって
歩いているのは観光客さんです。結構な登りなんですよ。

すすき1


白く見えるのは全部すすきなんですよ。かなりの広さになります。
これだけ広いと圧巻です!

すすき2


途中でお陽様が顔を出してくれまして、すすきがきらきら光ってそれは
それはとても綺麗でした。小さい写真では上手く伝わらなくて残念。
しばらく浸って居られますよ(笑)

すすき5


まだ続けたいのですが長くなりそうなので、次に分けます。

テーマ : 伊豆・箱根・富士五湖   ジャンル : 旅行

プロフィール

花浅葱

Author:花浅葱
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
フリーエリア
トリップアドバイザーさまにお勧めブログとして認定されました。 大変光栄でございます。
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。